1. トップページ
  2. インナードライの洗顔方法~優しく洗いすぎると逆効果

インナードライの洗顔方法~優しく洗いすぎると逆効果

インナードライの改善方法を調べると、洗顔をしっかりしてはいけないとなっています。

理由は皮脂を奪い去りすぎるからです。

正確には皮脂よりも細胞間脂質(セラミドなど)が減少するためですが、逆に洗わなすぎてインナードライが悪化している人がいます。

インナードライは皮脂過剰状態なので、普通の肌質の人より皮脂が酸化しやすくなっています。

この酸化した皮脂は、それなりに洗顔しないときっちり落ちません。

インナードライを意識しすぎて優しく洗いすぎると過酸化脂質が若干残ります。

普通の肌質の人なら大丈夫ですが、インナードライ肌は皮脂が酸化しやすいため悪影響が出ます。

インナードライ肌に限らず、やってはいけない洗顔方法は摩擦です。

これはダメです。

摩擦刺激がバリア機能不足を肌に知らせてしまい、余計に皮脂を出すサインとなります。

ここで問題となるのが洗顔料のチョイスです。

非常にマイルドな洗顔料の場合、肌に摩擦を与えないように洗うと皮脂が取り切れていないことが起きます。

洗浄力がマイルドすぎて、皮脂を落としきれない。

そのため肌に馴染ませる時間が伸びて摩擦も増えてしまい、結果的にマイナスになってしまいます。

インナードライ肌は皮脂が多いだけでなく、その皮脂がホコリやチリも絡め取るため、通常肌の人より皮脂に粘度があり落ちにくくなっています。

また優しく洗える洗顔料にもインナードライ向きではない製品があります。

保湿成分が多く入ってる洗顔料です。

これは洗い上がりも潤っているように感じるため、皮脂がしっかり取れているのか判断に迷います。

皮脂量が通常量ならこれでいいでしょうが、皮脂が多いインナードライ肌は適切なのか判断に迷います。

インナードライ肌なのにしっかり洗顔してもいいのか?

答えはイエスです。

もちろん極端に洗うのはダメです。

ですが、肌がキュッとなるくらいまで洗って問題ありません。

擦ってそうなるのではなく、あくまで洗顔料の洗浄力によってです。

ただ条件があります。

洗顔後にヒト型セラミドを補うことです。

これさえしておけば、インナードライでも通常通りしっかり洗顔して問題はありません。

インナードライで洗顔をしすぎてはダメ!と言われるのは、皮脂を取りすぎるからというのは正確な理由ではありません。

皮脂を取りすぎるくらい洗うと、次に細胞間脂質も減ってしまう。その結果バリア機能が落ちる。だから皮脂が止まらなくなる。これが本当の理由です。

なのでしっかり洗顔しても、ヒト型セラミドを十分補っておけば問題はありません。

ヒト型セラミドは1種類じゃ物足りない

人のセラミドは11種類あります(もっとあると見られている)。

通常のセラミド化粧品は1種類のセラミド配合が多いです。

できれば3種類。

特にセラミド1が配合されているものが望ましいです。

洗顔をすると誰でもセラミドは若干減ります。インナードライ肌の人は元から少ないので、なるべく自然な状態にセラミドを戻してやる必要があります。

だからセラミド種類が多いコスメが求められます。

数種類+セラミド1配合のオイリー肌推奨の美容液

インナードライの洗顔料はシンプルな方がいい

結局のところ、インナードライ肌に適した洗顔料というのは、シンプルな洗顔料と言えます。

昔ながらの牛乳石鹸でも構いません。これは弱アルカリ性でかなり洗浄力がありますが、サッと数秒だけ泡をなじませ、すぐにゆすげば十分な洗浄力を得られ、かつ摩擦刺激をほぼゼロにできます。

下手にマイルドな弱酸性洗顔料じゃないほうがいいこともあるのです。

ただ洗顔時間がポイント。

さすがに昔ながらの石鹸で長く洗うと、後にセラミド美容液を使ってもカバーできなくなります。

セラミドは増やすのが難しく、減らすのは簡単なので。

とにかくマイルドで洗浄力が弱いということにこだわらなくていいというわけです。

なるべくシンプルで十分洗浄力がある、これで十分です。何もインナードライを意識して洗顔料を変える必要はありません。洗顔時間次第です。